「いい人」に疲れてしまったあなたを心理学×東洋医学×宇宙の法則で癒します

努力・我慢・遠慮・空気を読む それ、本当にやりたいことですか?「いい人」を長年演じすぎて、本来の自分を見失ってしまった私が、自ら悩み、苦しんだ経験をもとに「嫌な自分」を受け入れて、あるがままのあなたでラクに生きられるよう「心理学」と「東洋医学」そして「宇宙の法則」の知識を使ってお手伝いします

「How many いい顔」今日のあなたは、どんな顔?女の魅力は人類を救う

こんにちは

宇宙とつながる心理カウンセラー

ゆーみんです

 

ここ数日

11月中旬にも関わらず

お昼間の気温が高くて暑い

過ごしやすいのはうれしいですが服装選びに悩みますね

 

今日は久しぶりに浮かんできたことを綴ろうかと思います

 

f:id:hugme2020:20201120133327j:plain

 

日々クライアントさんたちとお話しする中で

「私はいったい、どんな方たちを応援したいんだろう?」

という気持ちがわいてきました

 

で、壮大なブログタイトルです(笑)

 

実は私、女性が好きなんですよね

 

恋愛対象は男性ですし、メッチャ男の人も好きです

でもイケメンにときめく!

とかはあまりなく。。

 

電車や道すがら見ている対象は

殆ど女性ばかり

 

なんでかな~?と我ながら不思議だったのですが

何となくわかってきました

 

きっと私は

「女性が女性の魅力を発揮している姿」

を見るのが好きなんじゃないかと

 

グラビアアイドルとか

女性芸人とか

女優さんとか

 

女性が女性という性を受け入れて

女性を開花させている姿

とっても魅力的に思うんです

 

私は思春期以降

自分の女性性を否定して

気が付けば男性と競争してきました

会社でも

家庭でも

恋愛でも

 

 

本当は男性に愛されたくて仕方がないのに

女性である自分は汚らしくて

男に傷つけられる

 

真の姿を恥ずかしさで隠し

自分を抑圧していました

 

だからきっと

「女を受け入れて、その魅力を表現している」

そんな人に憧れていたんです

 

心理学を学んで

自分の生きづらさを解明するべく

アレコレ探ってきた結果

やっと私も「女性であること」を受け入れられるようになりました

 

女性を受け入れてからは

もったいないことしてきたなぁ。。

と少し後悔しています

(それもプロセスなんですが)

 

だから私はカウンセラーとして

「女性として自己表現する生き方をしたい人」

を応援したいと思います

 

私が長い時間かけて見つけたライフワークです

 

郷ひろみさんのヒット曲に

「How many いい顔」というのがあります

(調べたら1980年の楽曲で、リアルタイムで聴いていた事実に愕然(笑))

この曲の一小節がとても印象的で

いまも耳に残っているのでご紹介

 

処女と少女と娼婦に淑女

How many いい顔

明日はどの顔で笑うのかい

ウーン君にはまったく

ウーン君ってまったく

         作詞:阿木燿子 作曲:網倉一也 編曲:萩田光雄

 

気持ちや感情が移ろいやすく

いろんな顔がある

そんな女性に翻弄される男心

 

きっとそれでいいんです

それが女性の魅力なんです

それで世の男性は

気持ちを掻き立てられて

燃えるんです

 

あなたがあなたのまま

その魅力を受け入れて自由にふるまう

それだけで

人類みんなの喜びとなり

救うことになるんです

 

あなたがあなたらしく

女性として生きていく

そんな人生の歩み方を

私と一緒に見つけませんか?

 

心理カウンセラーの

ゆーみんでした

 


How many いい顔 - 郷ひろみ